無垢フローリングにはメリット・デメリットあり

無垢フローリングは天然木で良いが、メリット・デメリット考えて決めましょう

無垢フローリングは自然溢れる

無垢フローリングにはメリット・デメリットあり

これから家を立てようとする人やマンションのリフォームなどを考えていませんか?その場合、自分たちで決めなければいけないことは山ほどあると思います。

家のデザイン一つとっても形や色、素材など・・たくさん種類ある中から決めていかなければいけません。

床だってそうです。

畳み、じゅうたん、フローリング・・。

最近はフローリングが一般化されてきましたが、全部の部屋フローリングにしますか?フローリングにも種類があるのですが・・。

と一つ決めるにも一筋縄ではいきませんよね。

ここでは、フローリングについてお話しさせていただきます。

フローリングには大きく二つの種類にわけることが出来ます。

それは、「合板フローリング」と「無垢フローリング」です。

合板フローリングとは、複数のべニア板を組み合わせて作りあげたもので、無垢フローリングとは天然の木をそのまま使って作られたフローリングのことです。

無垢フローリングは、天然の木をそのまま使った床ですので合板に比べて、メリットもデメリットも存在します。

ですから、そのメリットとデメリットを考えたうえで考慮していかなければいけません。

一つ一つ決めていくのは大変ですが、快適な暮らしのためにもしっかりと考えて決めましょう。

《 関連サイトのご紹介 》
木を活かす建築推進協議会